三流君のソースコード置き場

三流プログラマーが作成したコードが置いてあります。ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)※古くさいコードが多いです・・・

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
(※詳細は[三流君 三流プログラマーとは?]を見てください)


広告:


[記事一覧、バックナンバーを見る]

asp056.html 三流君ASP:Excel(*.xls)とADOで接続、.Addnewしてみた

元の三流解説は、
三流君ASP:Excel(*.xls)とADOで接続、.Addnewしてみた
↑を見て、笑ってやってください。
ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)
※古くさいコードが多いです・・・



ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head>
<title>Excel(*.xls)とADOで接続、.Addnewしてみた</title>
</head>
<body>
<h2>Excel(*.xls)とADOで接続、.Addnewしてみた</h2>
<!-- Ken3 --><!--  #include file="info.inc" -->
test056-1.asp<br>
ASPからADOを使用してExcel(*.xls)と接続して、<br>
.AddNewでレコードを追加する。<br>

<hr>
<%
'---- CursorTypeEnum Values ----
Const adOpenForwardOnly = 0
Const adOpenKeyset = 1
Const adOpenDynamic = 2
Const adOpenStatic = 3

'---- LockTypeEnum Values ----
Const adLockReadOnly = 1
Const adLockPessimistic = 2
Const adLockOptimistic = 3
Const adLockBatchOptimistic = 4

'---- CursorLocationEnum Values ----
Const adUseServer = 2
Const adUseClient = 3

  'ADO DB Connection オブジェクトを作成する、英文そのままじゃん
  Set db=Server.CreateObject("ADODB.Connection")

  '接続文字列
  strCon = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;" & _
      "Data Source=" & Server.MapPath("test056.xls") & ";" & _
      "Extended Properties=Excel 8.0"

  Response.Write "接続文字列は<br><b>"
  Response.Write strCon & "</b><br>です<br>"

  'データベース(xls)を開く
  db.open strCon

  Response.Write "その次はレコードセット<br>"

  'ADO DB Recordset オブジェクトを作成する、英文そのままじゃん
  Set rs=Server.CreateObject("ADODB.Recordset")

  rs.CursorLocation = adUseServer  'カーソルはサーバーの指定

  Response.Write "Select * from FIELD_RANGE, db, ~<br>"
  rs.Open "Select * from FIELD_RANGE", db, adOpenStatic, adLockOptimistic

  Response.Write "開いたレコードセットに対して.AddNew<br>"
  rs.AddNew
  Response.Write "フィールドにアクセスする<br>"
      '↓フィールド名でアクセス
  rs.Fields("F_HIZUKE").Value = Now() 
  rs.Fields("F_IP").Value = Left(Request.ServerVariables("REMOTE_ADDR"), 9)
      '↓番号でアクセスも出来るよ
  rs.Fields(2).Value = Request.ServerVariables("HTTP_REFERER")
  rs.Fields(3).Value = Request.ServerVariables("HTTP_USER_AGENT")

  Response.Write ".Updateで更新(レコード確定)<br>"
  rs.Update

  Response.Write "rs.Close でレコードセットを閉じる<br>"
  rs.Close
  Set rs = Nothing  'オブジェクト変数を開放する

  Response.Write "db.Close でxlsとの接続を閉じる<br>"
  db.Close
  Set db = Nothing  'オブジェクト変数も開放する

%>
<hr>
時刻、IPアドレス(頭から9文字)ユーザーのブラウザ情報を書き込みました<br>
[<a Href="test056.xls" TARGET="_blank">書き込んだtest056.xlsを開く</a>]<br>
↑書き込まれたデータの確認<br>
</body>
</html>

↑をテスト実行する→http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test056-1.asp実行する



↑コードの三流解説は、
三流君ASP:Excel(*.xls)とADOで接続、.Addnewしてみた
を見て、笑ってやってください。



ASPの解説 トップページは
三流君ASPで遊ぶ、失敗する
です。こちらもよろしく・・・

asp055.html 三流君ASP:And演算子を使う

元の三流解説は、
三流君ASP:And演算子を使う
↑を見て、笑ってやってください。
ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)
※古くさいコードが多いです・・・



ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>AND演算子を使って、1バイト文字2バイト文字の判断</title>
</head>
<body>
<h2>AND演算子を使って、1バイト文字2バイト文字の判断</h2>
<br>
たんに、
nCODE = Asc(Mid(strMOJI, n, 1))  'n番目の文字コードを求める<br>
で、文字コードに変換後、
nCODE And &HFF00 でビットの演算をして、2バイトか判断しただけです。
<hr>
<%
  CHK_DATA = Request.QueryString("DATA") 'パラメータの代入
  '長さをチェックする
  If Len(CHK_DATA) <> 0 Then '文字が入っていたら
    Response.Write "受け取ったデータは["
    Response.Write Server.HTMLEncode(CHK_DATA) & "]です<br>"
    '関数を呼んで、バイト数を表示する
    Response.Write "バイト数は、" &  Byte_Count(CHK_DATA) & "Byteです<br>"

    '文字数分ループして、コードを表示
    For n = 1 To Len(CHK_DATA)
      Response.Write n & "文字目は"
      strWORK = Mid(CHK_DATA, n, 1)  'n番目の文字を取り出す
      Response.Write "[" & Server.HTMLEncode(strWORK) & "] "
      Response.Write "をAscで変換すると" & Asc(strWORK)
      Response.Write " さらにHexで16進数にすると" & Hex(Asc(strWORK))
      Response.Write "<BR>" & vbCRLF
    Next
  End If
%>
<HR>
<FORM ACTION="test055-1.asp" METHOD="GET">
調査したい文字列を入力してください。<br>
<INPUT TYPE="text" SIZE="30" NAME="DATA" VALUE="<%=CHK_DATA%>">
<INPUT TYPE="submit" VALUE="コード調査開始"><br>
↑いろいろと遊んでみてください↑
</FORM>

<br>
</body>
</html>
<% '文字列を受け取り、バイト数を返す
Function Byte_Count(strMOJI)
  bcnt = 0
  '文字数分ループして、コードを表示
  For n = 1 To Len(strMOJI)
    nCODE = Asc(Mid(strMOJI, n, 1))  'n番目の文字コードを求める
    If (nCODE And &HFF00) = 0 Then  'コードは1バイトか? *asp055
      bcnt = bcnt + 1
    Else
      bcnt = bcnt + 2
    End If
  Next
  'リターン値をセットする
  Byte_Count = bcnt
End Function

%>

↑をテスト実行する→http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test055-1.asp?DATA=Ken3%82%CD%8EO%97%AC実行する



↑コードの三流解説は、
三流君ASP:And演算子を使う
を見て、笑ってやってください。



ASPの解説 トップページは
三流君ASPで遊ぶ、失敗する
です。こちらもよろしく・・・

asp053.html 三流君ASP:ADOでExcelファイル(*.xls)とやっと接続できた(ほっ)

元の三流解説は、
三流君ASP:ADOでExcelファイル(*.xls)とやっと接続できた(ほっ)
↑を見て、笑ってやってください。
ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)
※古くさいコードが多いです・・・



ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>ASPからADOを使用してExcel(*.xls)に接続してみた</title>
</head>
<body>
<h1>ASPからADOを使用してExcel(*.xls)に接続してみた</h1>
Driver={Microsoft Excel Driver (*.xls)}をADOで使ってみました。
<hr>
test053-1.asp<br>
ASPからADOを使用してExcel(*.xls)に接続するテストを行う<br>
<hr>
<%

  'ADO DB Recordset オブジェクトを作成する、英文そのままじゃん
  Set rs=Server.CreateObject("ADODB.Recordset")

  strSQL = "select * from DATA_RANGE"
  Con = "Driver={Microsoft Excel Driver (*.xls)};DBQ=" & _
        Server.MapPath("test053.xls") & ";"

  Response.Write "作った、使った接続文字列は<br>"
  Response.Write "<CODE>" & Con & "</CODE><hr>"

  '接続文字列、SQLを渡して、レコードセットを開く
  Rs.Open strSQL, Con, 0  '0=adOpenForwardOnly

  strOUT = ""
  Do While Rs.EOF = False
      For Each FieA In Rs.Fields
          strOUT = strOUT & FieA.Name & " -- " & FieA.Value & "<BR>"
      Next
      Rs.MoveNext  '次のレコードへ移動
  Loop
  Rs.Close
  Set Rs = Nothing

  Response.Write strOUT  '結果を表示

%>
<hr>
[<a Href="test053.xls" TARGET="_blank">test053.xlsを開く</a>]<br>
<img src="http://www.ken3.org/backno/gif/asp053-01.gif"><br>
↑が表のイメージです。
</body>
</html>

↑をテスト実行する→
http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test053-1.asp
実行する



↑コードの三流解説は、
三流君ASP:ADOでExcelファイル(*.xls)とやっと接続できた(ほっ)
を見て、笑ってやってください。



ASPの解説 トップページは
三流君ASPで遊ぶ、失敗する
です。こちらもよろしく・・・



三流君へ メッセージを送る

全ての質問に答えることはできませんが、
ダメもとで、気軽に質問、感想、メッセージを送ってくださいね・・・

感想や質問・要望・苦情など 三流君へメッセージを送る。
下記のフォームからメッセージを送ることができます。


あなたのお名前(ニックネーム):さん
返信は?:

アドレス:に返事をもらいたい
感想や質問↓:


(感想や質問・要望・苦情はHPで記事に載せることがあります。)
例:[XXXXさんへ回答例]←みたいに回答していたり...


Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。

三流解説動画の再生リスト
https://www.youtube.com/user/ken3video/playlists

本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)