三流君のソースコード置き場

三流プログラマーが作成したコードが置いてあります。あまり参考にならないと思いますがヨロシクお願いします。

Asc関数で文字コード

元の三流解説は、
三流君ASP:キャラクタコード、Asc関数を使用して文字コードで遊ぶ
↑を見て、笑ってやってください。
ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)
※古くさいコードが多いです・・・



Asc関数でキャラクタコードの表示、Hex関数を使用して16進数で表示

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>Asc関数でキャラクタコードの表示、Hex関数を使用して16進数で表示</title>
</head>
<body>
<h2>Asc関数でキャラクタコードの表示、Hex関数を使用して16進数で表示</h2>
<%
  CHK_DATA = Request.QueryString("DATA") 'パラメータの代入
  '長さをチェックする
  If Len(CHK_DATA) <> 0 Then '文字が入っていたら
    Response.Write "受け取ったデータは["
    Response.Write Server.HTMLEncode(CHK_DATA) & "]です<br>"
    '文字数分ループして、コードを表示
    For n = 1 To Len(CHK_DATA)
      Response.Write n & "文字目は"
      strWORK = Mid(CHK_DATA, n, 1)  'n番目の文字を取り出す
      Response.Write "[" & Server.HTMLEncode(strWORK) & "] "
      Response.Write "をAscで変換すると" & Asc(strWORK)
      Response.Write " さらにHexで16進数にすると" & Hex(Asc(strWORK))
      Response.Write "<BR>" & vbCRLF
    Next
  End If
%>
<HR>
<FORM ACTION="test052-1.asp" METHOD="GET">
調査したい文字列を入力してください。<br>
<INPUT TYPE="text" SIZE="30" NAME="DATA" VALUE="<%=CHK_DATA%>">
<INPUT TYPE="submit" VALUE="コード調査開始"><br>
↑いろいろと遊んでみてください↑
</FORM>

<br>
</body>
</html>

↑をテスト実行する→
http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test052-1.asp?DATA=012ABCxyz
http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test052-1.asp?DATA=ASP%8Ay%82%B5%82%AD
実行する


三流君ASPでフォーム関係の解説とサンプル
三流君ASPでADO MDB接続関係の解説とサンプル
三流君ASPでADO Excel接続関係の解説ページとサンプル
三流君ASPでADO CSV接続関係の解説ページとサンプル
三流君ASPでテキストファイル関係の解説とサンプルページ
三流君ASP VBScript関数の解説とサンプル



三流君ASPで遊ぶ、失敗する

簡単なじゃんけんゲーム

元の三流解説は、
三流君ASP:値を受取り、判断を行う 簡単なじゃんけんゲーム
↑を見て、笑ってやってください。
ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)
※古くさいコードが多いです・・・



ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head>
<title>ジャンケンゲームで遊ぶ</title>
</head>
<body>
<h2>ジャンケンゲームで遊ぶ</h2>
受取ったパラメータは<br>[<%=Request.QueryString("DATA")%>]<hr>
<%
  'Lenで変数の長さをチェックする
  D = Request.QueryString("DATA") 'データを代入
  If Len(D) = 1 Then 'データあり
     Call HANTEI(D)     '判断用の関数を呼ぶ
  End If
%>
<HR>
<FORM ACTION="g001.asp" METHOD="GET">
あなたの手は?<br>
<INPUT TYPE="RADIO" NAME="DATA" VALUE="1">1.グー<br>
<INPUT TYPE="RADIO" NAME="DATA" VALUE="2">2.チョキ<br>
<INPUT TYPE="RADIO" NAME="DATA" VALUE="3">3.パー<br>
<INPUT TYPE="submit" VALUE="勝負する"><br>
</FORM>
<br>
</body>
</html>

<% '乱数を発生させて勝負する

Sub HANTEI(strNO)  'ユーザーの手を受取り判断する

    Dim nCON  'コンピュータの手1~3の数値が入る
    Dim nPC   'ユーザーさんの手
    Dim strTE(3) '(*1)配列変数を宣言

    strTE(1) = "グー"   '(*2)配列にメッセージを代入
    strTE(2) = "チョキ"
    strTE(3) = "パー"

    '入力値の判断、エラーならメッセージを表示させ抜ける
    'If文で1,2,3以外を判断する
    If strNO <> "1" And strNO <> "2" And strNO <> "3" Then
        Response.Write "[" & strNO & "]は不正な入力です"
        Exit Sub  '<--Exit Subを使用してここでプログラムを抜ける
    End If

    'コンピュータの手を決定
    Randomize   ' 乱数発生ルーチンを初期化します。
    nCON = Int((3 * Rnd) + 1)  '1 から 3 までの乱数を発生させます。

    '結果判断と表示
    'ユーザーの手を表示する
    nPC = CInt(strNO) 'CInt関数で数値型に変換する
    Response.Write "あなたの手は" & strTE(nPC) & "です<br>" '(*3)ここでnPC番目を表示

    '(*4)同様にコンピュータの手を表示する
    Response.Write "コンピュータの手は" & strTE(nCON) & "です<br>"

    '結果の判断
    'まず、引き分けを判断
    If nPC = nCON Then Response.Write "引き分けです<br>"

    '次に自分が勝ちの手を判断 グーvsチョキ,チョキvsパー,パーvsグー
    If nPC = 1 And nCON = 2 Then Response.Write "アナタの勝ちです<br>"
    If nPC = 2 And nCON = 3 Then Response.Write "アナタの勝ちです<br>"
    If nPC = 3 And nCON = 1 Then Response.Write "アナタの勝ちです<br>"

    'コンピュータが勝ちか判断 グーvsパー,チョキvsグー,バーvsチョキ
    If nPC = 1 And nCON = 3 Then Response.Write "私(コンピュータ)の勝ちです<br>"
    If nPC = 2 And nCON = 1 Then Response.Write "私(コンピュータ)の勝ちです<br>"
    If nPC = 3 And nCON = 2 Then Response.Write "私(コンピュータ)の勝ちです<br>"

End Sub

%>

↑をテスト実行する→
http://www.ken3.org/cgi-bin/g/g001.asp?DATA=1 グー
http://www.ken3.org/cgi-bin/g/g001.asp?DATA=2 チョキ
http://www.ken3.org/cgi-bin/g/g001.asp?DATA=3 パー
実行する


三流君ASPでフォーム関係の解説とサンプル
三流君ASPでADO MDB接続関係の解説とサンプル
三流君ASPでADO Excel接続関係の解説ページとサンプル
三流君ASPでADO CSV接続関係の解説ページとサンプル
三流君ASPでテキストファイル関係の解説とサンプルページ
三流君ASP VBScript関数の解説とサンプル



三流君ASPで遊ぶ、失敗する

IsXXXXの処理でいろいろと遊んでみた(笑)

元の三流解説は、
三流君ASP:IsXXXXの処理でいろいろと遊んでみた(笑)
↑を見て、笑ってやってください。
ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)
※古くさいコードが多いです・・・



IsEmpty関数でデータのチェック ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>IsEmpty関数でデータのチェック</title>
</head>
<body>
<h2>IsEmpty関数でデータのチェック</h2>
Request.QueryString("DATA")をチェックすると、、、<br>
<%
  'IsEmptyで変数をチェックする
  If IsEmpty(Request.QueryString("DATA")) = True Then 'DATAが無しの時
      Response.Write "DATAパラメータを受取れませんでした"
  Else
      Response.Write "受取ったパラメータは["
      Response.Write Request.QueryString("DATA") & "]です"
  End If
%>
<HR>
パラメータ無し<A href="test048-1.asp">test048-1.asp</a><br>
パラメータあり<A href="test048-1.asp?DATA=ABC">test048-1.asp?DATA=ABC</a><br>
項目DATAはあり<A href="test048-1.asp?DATA">test048-1.asp?DATA</a><br>
<br>
</body>
</html>

↑をテスト実行する→ http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test048-1.asp実行する



IsDate関数で変換可能か調べ、CDate関数で変換、DateAddで遊ぶ ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>IsDate関数で変換可能か調べ、CDate関数で変換、DateAddで遊ぶ</title>
</head>
<body>
<h2>IsDate関数で変換可能か調べ、CDate関数で変換、DateAddで遊ぶ</h2>
受取ったパラメータは<br>[<%=Request.QueryString("DATA")%>]<br>
<%
  'IsDateで変数をチェックする
  If IsDate(Request.QueryString("DATA")) = True Then '変換可能な時
      DATA = CDate(Request.QueryString("DATA"))
      Response.Write "CDateの結果は" & DATA & "です<br>"
      Response.Write "3日後は、" & DateAdd("d", 3, DATA) & "です<br>"
      Response.Write "1ヶ月前は、" & DateAdd("m", -1, DATA) & "です<br>"
      D = Request.QueryString("DATA") 'パラメータをそのまま
  Else '変換不可の時
      Response.Write "を日付に変換することはできません"
      D=Date()  '現在日付を代入
  End If
%>
<HR>
<FORM ACTION="test048-2.asp" METHOD="GET">
変換したい日付文字列
<INPUT TYPE="text" SIZE="30" NAME="DATA" VALUE="<%=D%>">
<INPUT TYPE="submit" VALUE="変換テスト"><br>
↑いろいろと遊んでみてください↑
</FORM>

<br>
</body>
</html>

↑をテスト実行する→ http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test048-2.asp?DATA=2016%2F12%2F10実行する



IsNumeric関数で変換可能か調べ、CInt関数,FormatNumber関数を使う ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>IsNumeric関数で変換可能か調べ、CInt関数,FormatNumber関数を使う</title>
</head>
<body>
<h2>IsNumeric関数で変換可能か調べ、CInt関数,FormatNumber関数を使う</h2>
受取ったパラメータは<br>[<%=Request.QueryString("DATA")%>]<br>
<%
  'IsNumericで変数をチェックする
  If IsNumeric(Request.QueryString("DATA")) = True Then '変換可能な時
      DATA = CInt(Request.QueryString("DATA"))
      Response.Write "CInt()の結果は" & DATA & "です<br>"
      DATA = FormatNumber(Request.QueryString("DATA"), 2)
      Response.Write "FormatNumber(XX,2)の結果は" & DATA & "です<br>"
  Else '変換不可の時
      Response.Write "を数値に変換することはできません、確認してね"
  End If
  D = Request.QueryString("DATA") 'パラメータをそのまま保存
%>
<HR>
<FORM ACTION="test048-3.asp" METHOD="GET">
数値に変換したい文字列
<INPUT TYPE="text" SIZE="30" NAME="DATA" VALUE="<%=D%>">
<INPUT TYPE="submit" VALUE="変換テスト"><br>
↑いろいろと遊んでみてください↑<br>
※123456とInt以上を入れてオーバーフローを発生させたりして遊んでね
</FORM>

<br>
</body>
</html>

↑をテスト実行する→ http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test048-3.asp?DATA=12.5実行する


三流君ASPでフォーム関係の解説とサンプル
三流君ASPでADO MDB接続関係の解説とサンプル
三流君ASPでADO Excel接続関係の解説ページとサンプル
三流君ASPでADO CSV接続関係の解説ページとサンプル
三流君ASPでテキストファイル関係の解説とサンプルページ
三流君ASP VBScript関数の解説とサンプル



三流君ASPで遊ぶ、失敗する