三流君のソースコード置き場

三流プログラマーが作成したコードが置いてあります。ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)※古くさいコードが多いです・・・

挨拶・自己紹介:
失敗続きのAB型の変わり者 :三流プログラマー Ken3です
フリーのエンジニア・個人事業主です・・と書くと聞こえはイイが(それとなくカッコよく聞こえるが)、 現在は小さな案件の受注請負 と 短期派遣 で 日々つつましく?ほそぼそと暮らしてます。
(※詳細は[三流君 三流プログラマーとは?]を見てください)


広告:


[記事一覧、バックナンバーを見る]

VBA IE操作 リンクの取り出し objIE.Document.Links のサンプルコード

リンクから値を抜く、そんな処理をしてみたいと思います。
ランキングのリンクだったり、
過去記事のリンクだったり、
ウェブページはリンクでつながっているので、

今回は、サンプル処理として、
バックナンバーの一覧ページからリンクを取り出してみます。

操作と解説動画
【VBA IE操作】リンクの取り出し objIE.Document.Links 【三流君】 - YouTube
www.youtube.com


サンプル元は
三流君VBAでIEのリンクを操作 Document.Linksを探る
です。

下記のコードをコピー貼り付けして、テストしてみてください。

Sub ie_Link_TEST()

'1.調査したいURLをInputBoxで受け取ります(かなり手抜き・・・)
    Dim strURL  As String   '入力値を受け取る変数
    
    'INPUTBOXでURLをもらう
    strURL = InputBox("調査するURLは?", "URL入力", 

"http://www.ken3.org/backno/backno_vba_mokuji.html")
    If strURL = "" Then
        MsgBox "調査したいURLを指定してください"
        Exit Sub  '途中で抜ける
    End If

'2.IEを起動させ、目的のページを表示させます。

    Dim objIE      As Object  'IEオブジェクト参照用
    
    'IEを起動する
    Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.application") 'IEのオブジェクトを作る
    objIE.Visible = True '見えるようにする(お約束)

    '.Navigate で 指定したURLを開く
    objIE.Navigate strURL
    
    '表示完了を待つ
    While objIE.ReadyState <> 4
        While objIE.Busy = True
            DoEvents  '特に何もしないで.Busyの状態が変わるまで待つ
        Wend
    Wend
    
'3.目的のページからリンク先を取り出し、セルに書き出します。
    
    Dim i     As Integer '添え字 i番目などで使用
    Dim yLINE As Integer '行カウンタ、Y行目
   
    'html ドキュメント リンク オブジェクトからデータをセルへ転記(代入)する。
    Workbooks.Add  '新規ブックを追加 データ転送用に新規のブックを追加する
    Range("A1") = "調査したURLは " & strURL & " です"  'A1にURLを記述(セット)
    Range("D1") = "リンクの数は " & objIE.Document.Links.Length & "です"  'D1にリンクの数

をセット

    Range("A2") = ".Href(リンク先)"   'A2~F2 2行目に見出しをセットする
    Range("B2") = ".OuterText"
    Range("C2") = ".OuterHTML"
    Range("D2") = ".InnerText"
    Range("E2") = ".InnerHTML"
    Range("F2") = ".Target"
    Columns("A:F").ColumnWidth = 22 '列幅を22に変更

    yLINE = 3  'セット開始の行を代入する
    For i = 0 To objIE.Document.Links.Length - 1
        'データをセルへセットする  'を付けて文字列にする(セルにセットしたいので)
        Cells(yLINE, "A") = "'" & objIE.Document.Links(i).Href      'リンク先
        Cells(yLINE, "B") = "'" & objIE.Document.Links(i).OuterText '自分を含む テキスト

(Innerと変わりない?)
        Cells(yLINE, "C") = "'" & objIE.Document.Links(i).OuterHTML '自分を含む HTML
        Cells(yLINE, "D") = "'" & objIE.Document.Links(i).InnerText '内側のテキスト
        Cells(yLINE, "E") = "'" & objIE.Document.Links(i).InnerHTML '内側のHTML
        Cells(yLINE, "F") = "'" & objIE.Document.Links(i).Target    '_Blank や 表示先フレ

ームの名前など
        
        yLINE = yLINE + 1 'セット位置(行)を+1する
    Next i
    
    '抜き出し作業が終わったので、通常.QuitでIEを終了させる が 今回は残す
    'objIE.Quit
    Set objIE = Nothing
   
    MsgBox "処理終了、ブラウザの表示内容 と シートを確認してください"
   
End Sub

ポイントは、
^^^^^^^^^^^
objIE.Document.Links
にリンク情報が格納されているので、
今回は、ここから探ってみたいと思います。

リンクの数が、
.Length
でわかるるので、これを利用して、ループを作り、
For i = 0 To objIE.Document.Links.Length - 1
↑カウンターが0から始まるので、
そこがポイントかなぁ。

蛇足ですが、Excel VBAのパターンだと、
.Countがオブジェクトの数で、1からスタートなので、
その感覚からと少し違うので注意が必要です。

Sub TEST_SHEET_NAME()
    'シートの名前をテストで表示する
    Dim i As Integer   'カウンター、添え字
    For i = 1 To ActiveWorkbook.Sheets.Count
        MsgBox i & " シートの名前 " & ActiveWorkbook.Sheets(i).Name
    Next i
End Sub

※蛇足で、よけいに混乱させてしまったらすみません・・・

あとは、
objIE.Document.Links(i).プロパティ
で、i番目の値を取り出す、そんなパターンで使用しています。

いろいろなプロパティがあるのですが、
今回は、下記のプロパティをテストで書き出してみます。

.Href(リンク先)
.OuterText これで値を取れるけど名前的に.InnerText がいいかな
.OuterHTML Aタグ全体を見れるので、これを使うパターンが多いかな
.InnerText アンカーテキスト、リンクのテキスト
.InnerHTML あまり意味ないかな ぉぃぉぃ(A 全体が見えないので)

リンクは、A アンカータグを利用しているので、
<a Href="URL">リンクのテキスト</a>
を頭のスミに入れつつ、

.HrefでURL
.InnerTextでリンクのテキストがわかるので、
あとは、組み合わせで、
="<a Href=""" & URL & """>" &

リンクのテキスト & "</a>"
みたいにすると、
他のページに貼り付けるHTML文とか作りやすいかなぁ。


VBA から IEで表示させたページのリンクを取り出す、
そんな操作の参考となれば・・・・


操作と解説動画※冒頭の動画と同じです
www.youtube.com
【VBA IE操作】リンクの取り出し objIE.Document.Links 【三流君】 - YouTube



三流君へ メッセージを送る

全ての質問に答えることはできませんが、
ダメもとで、気軽に質問、感想、メッセージを送ってくださいね・・・

感想や質問・要望・苦情など 三流君へメッセージを送る。
下記のフォームからメッセージを送ることができます。


あなたのお名前(ニックネーム):さん
返信は?:

アドレス:に返事をもらいたい
感想や質問↓:


(感想や質問・要望・苦情はHPで記事に載せることがあります。)
例:[XXXXさんへ回答例]←みたいに回答していたり...


Ken3 ホームページ 目次

分類:HPを大きく分けると4つの柱(分類)です。
・[Excel/Access VBA]の解説
・[ASP(Active Server Pages)]の解説。
・[元コンビニ店長時代の話]が弟に巻き込まれ、失敗した脱サラ、畑違い?の仕事で失敗。
・[プログラマーの愚痴]では、あまり見せたくない三流プログラマーの内面かな。
三流君を踏み台にする
主に上記4つの分類でHP作成やメルマガの発行を行ってます。
※更新頻度が落ちていて情報の鮮度が悪いです。

三流解説動画の再生リスト
https://www.youtube.com/user/ken3video/playlists

本当に三流なんです(笑):たまにスゴイですねなんて言われることもありますが、
真実は→ [三流君の真実は...] ←を初めに見てくださるとわかると思います。
(からくりは、成功例↑しか載せてなくて ヒドイ失敗例はお蔵入り迷宮入りが多かったりします)