三流君のソースコード置き場

三流プログラマーが作成したコードが置いてあります。あまり参考にならないと思いますがヨロシクお願いします。

IsXXXXの処理でいろいろと遊んでみた(笑)

元の三流解説は、
三流君ASP:IsXXXXの処理でいろいろと遊んでみた(笑)
↑を見て、笑ってやってください。
ブログに過去のソースコードをアップして、ブログの検索機能で利用してます(利用予定です)
※古くさいコードが多いです・・・



IsEmpty関数でデータのチェック ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>IsEmpty関数でデータのチェック</title>
</head>
<body>
<h2>IsEmpty関数でデータのチェック</h2>
Request.QueryString("DATA")をチェックすると、、、<br>
<%
  'IsEmptyで変数をチェックする
  If IsEmpty(Request.QueryString("DATA")) = True Then 'DATAが無しの時
      Response.Write "DATAパラメータを受取れませんでした"
  Else
      Response.Write "受取ったパラメータは["
      Response.Write Request.QueryString("DATA") & "]です"
  End If
%>
<HR>
パラメータ無し<A href="test048-1.asp">test048-1.asp</a><br>
パラメータあり<A href="test048-1.asp?DATA=ABC">test048-1.asp?DATA=ABC</a><br>
項目DATAはあり<A href="test048-1.asp?DATA">test048-1.asp?DATA</a><br>
<br>
</body>
</html>

↑をテスト実行する→ http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test048-1.asp実行する



IsDate関数で変換可能か調べ、CDate関数で変換、DateAddで遊ぶ ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>IsDate関数で変換可能か調べ、CDate関数で変換、DateAddで遊ぶ</title>
</head>
<body>
<h2>IsDate関数で変換可能か調べ、CDate関数で変換、DateAddで遊ぶ</h2>
受取ったパラメータは<br>[<%=Request.QueryString("DATA")%>]<br>
<%
  'IsDateで変数をチェックする
  If IsDate(Request.QueryString("DATA")) = True Then '変換可能な時
      DATA = CDate(Request.QueryString("DATA"))
      Response.Write "CDateの結果は" & DATA & "です<br>"
      Response.Write "3日後は、" & DateAdd("d", 3, DATA) & "です<br>"
      Response.Write "1ヶ月前は、" & DateAdd("m", -1, DATA) & "です<br>"
      D = Request.QueryString("DATA") 'パラメータをそのまま
  Else '変換不可の時
      Response.Write "を日付に変換することはできません"
      D=Date()  '現在日付を代入
  End If
%>
<HR>
<FORM ACTION="test048-2.asp" METHOD="GET">
変換したい日付文字列
<INPUT TYPE="text" SIZE="30" NAME="DATA" VALUE="<%=D%>">
<INPUT TYPE="submit" VALUE="変換テスト"><br>
↑いろいろと遊んでみてください↑
</FORM>

<br>
</body>
</html>

↑をテスト実行する→ http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test048-2.asp?DATA=2016%2F12%2F10実行する



IsNumeric関数で変換可能か調べ、CInt関数,FormatNumber関数を使う ソースコード

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis">
<title>IsNumeric関数で変換可能か調べ、CInt関数,FormatNumber関数を使う</title>
</head>
<body>
<h2>IsNumeric関数で変換可能か調べ、CInt関数,FormatNumber関数を使う</h2>
受取ったパラメータは<br>[<%=Request.QueryString("DATA")%>]<br>
<%
  'IsNumericで変数をチェックする
  If IsNumeric(Request.QueryString("DATA")) = True Then '変換可能な時
      DATA = CInt(Request.QueryString("DATA"))
      Response.Write "CInt()の結果は" & DATA & "です<br>"
      DATA = FormatNumber(Request.QueryString("DATA"), 2)
      Response.Write "FormatNumber(XX,2)の結果は" & DATA & "です<br>"
  Else '変換不可の時
      Response.Write "を数値に変換することはできません、確認してね"
  End If
  D = Request.QueryString("DATA") 'パラメータをそのまま保存
%>
<HR>
<FORM ACTION="test048-3.asp" METHOD="GET">
数値に変換したい文字列
<INPUT TYPE="text" SIZE="30" NAME="DATA" VALUE="<%=D%>">
<INPUT TYPE="submit" VALUE="変換テスト"><br>
↑いろいろと遊んでみてください↑<br>
※123456とInt以上を入れてオーバーフローを発生させたりして遊んでね
</FORM>

<br>
</body>
</html>

↑をテスト実行する→ http://www.ken3.org/cgi-bin/test/test048-3.asp?DATA=12.5実行する


三流君ASPでフォーム関係の解説とサンプル
三流君ASPでADO MDB接続関係の解説とサンプル
三流君ASPでADO Excel接続関係の解説ページとサンプル
三流君ASPでADO CSV接続関係の解説ページとサンプル
三流君ASPでテキストファイル関係の解説とサンプルページ
三流君ASP VBScript関数の解説とサンプル



三流君ASPで遊ぶ、失敗する